省エネ適判届出支援|住宅向けZEH(ゼッチ)

業務内容

ZEH(ゼッチ)の第三者認定や補助金申請に関してサポート致します。

業務範囲
・省エネ計算書と、その計算補足資料の作成
・基準値を満たすための対策の提案
・提出先第三者機関からの指摘回答補助

※設計図書の作成及び修正などの設計行為は業務対象外です。

ZEHとは

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。

ZEHロードマップ

「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」という政策目標に基づいたロードマップとなります。2018年から2020年まで建築補助を行い2030年までにZEHの自立的普及を目指しています。

ZEH評価基準

※1.強化外皮基準は、1~8地域の平成28年省エネルギー基準(ηAC値、気密・防露性能の確保等の留意事項)を満たすこと。
※2.ZEH Orientedについては、都市部狭⼩地(北側斜線制限の対象となる⽤途地域であって、敷地⾯積が85㎡未満である⼟地)に建築されるもの(平屋建ての場合を除く)。
※3.4・5地域については、当分の間、0.50以下でもよい。
『ZEH』 Nearly ZEH ZEH Oriented※2
外皮※1 ・強化外皮基準
(UA値1・2地域:0.4W/㎡K相当以下、3地域:0.5W/㎡K相当以下、4~7地域:0.6W/㎡K相当以下)
一次エネ ・再エネ除き20%減
・再エネ含め100%減 ・再エネ含め75%減 ・再エネの規定なし
ZEH+の追加要件 ・再エネ除き25%減
以下の①〜③より2項⽬以上選択

①外皮性能の更なる強化
UA値:1・2地域:0.30以下、3~5地域:0.40以下 ※3、6・7地域:0.50以下

②⾼度エネルギーマネジメント
HEMSにより、太陽光発電設備等の発電量等を把握したうえで、
住宅内の暖冷房、給湯設備等を制御可能であること
(ECHONET Lite AIF認定の取得を基本とする)

③電気⾃動⾞を活⽤した⾃家消費の拡⼤措置
電気⾃動⾞への充電設備または充放電設備を⾞庫等を設置

ZEH補助金事業

(平成30年度の事業は終了しています)

※1.Nearly ZEHについては、寒冷地(1・2地域)、低⽇射地域(A1・A2地域)または多雪地域を対象とする。
対象となる住宅 補助額 その他の要件 【担当省庁】
補助事業名
『ZEH』+ ・定額115万円/件
・蓄電池3万円/kWh
(上限45万円かつ、
補助対象経費の1/3)
CLTの⼀定以上の使⽤、または先進的再エネ熱利⽤技術を活⽤する場合は上限90万円/⼾を加算 ・BELS取得し提出すること
(分譲建売住宅はBELSを用いた
広報活動も行うこと)
・ZEHビルダー/プランナーが
設計、建築、改修又は販売を行う
住宅であること
・申請者が分譲建売住宅の
デベロッパーの場合は、
販売の際に購⼊者に事業承継を
⾏うこと
【経済産業省】
ZEH+実証⽀援事業
Nearly ZEH+ ※1
『ZEH』 ・定額70万円/件
・蓄電池3万円/kWh
(上限30万円かつ、
補助対象経費の1/3)
【環境省】
ZEH等による
低炭素化促進事業
Nearly ZEH ※1
ZEH Oriented

詳細情報

<ポイント>
・公募申請以降の設計変更は原則不可である。
・SIIに登録されたZEHビルダー/プランナーが設計、建築、改修又は販売を行う住宅であること。

詳細については以下のホームページをご覧ください。

お見積りはもちろん、メリットの有無やアドバイスまで行っております。
お気軽にご相談ください!

お見積もり・お問い合わせはこちら
ページの上部へ戻る