CASBEE®認証制度とはAbout

CASBEE®とは、設計者等の環境配慮設計のための自己評価ツールとして、また、建築行政での活用や建築物の資産評価等に利用可能な建築物環境ラベリングツールです。

その中でもCASBEE®認証制度とは、一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構(IBEC)により認定された認定評価機関において、その評価結果の妥当性を認証する第三者認証制度です。CASBEE®認証を取得することで、省エネ建築物としての資産価値向上や積極的に環境配慮に取り組む企業としての企業イメージ向上が期待されます。

CASBEE®認証の取得について、様々な形でサポートしております。お気軽にお問い合わせ下さい。

弊社実績については、こちら

CASBEE®認証制度の動向について

現在のところ、認証を取得することによる企業イメージの向上や対外的アピールといった目的で認証取得される方が増えています。
また、CASBEE®不動産認証制度もスタートし、今後ますますCASBEE®認証制度が活発化していくことが予想されます。

2016年7月に2016年版CASBEE®評価マニュアル及びCASBEE®評価ソフトが公表されました。 『H25年省エネルギー基準に準拠した計算法』から『H28年基準省エネルギー基準に準拠した計算法』へ変更となった ことにより、CASBEE®評価ソフトも新基準に対応した修正が行われました。
また、2020年に開催される東京オリンピックの競技施設の新築や仮設の環境性能評価に対応できるように一部 評価項目が変更されました。
主な変更点(2014年版→2016年版)はCASBEE®のホームページをご参照下さい。

⇒http://www.ibec.or.jp/CASBEE/documents/CAS_BD_NC2016_revise_list.pdf

CASBEE®建築評価員とは

(一財)建築環境・省エネルギー機構(IBEC)が実施する「CASBEE®建築評価員講習」を受講し、「建築評価員試験」に合格後、「建築評価員登録」を受けた者をいいます。

試験には受験資格が設けられており、一級建築士資格が必要です。評価員の資格は5ヶ年の更新制となっており、更新の際は、最新の内容による更新講習の受講と登録更新手続きが必要となります。