環境
お役立ち情報

建築物省エネ計画コンサルティング BELSとは

1.1 BELSの概要

1.1.1 BELSとは

BELS(Building-Housing Energy-efficiency Labeling System)は、建築物省エネルギー性能表示制度の略称で、省エネルギー性能に特化した評価・表示制度です。建築物の一次エネルギー消費量に基づきBELS評価機関が5段階で評価し、省エネルギー性能・表示する制度となっています。

本制度は、新築・既存を問わず、省エネルギー性能を評価・表示する制度となっており、建築物省エネ法に準じた評価手法となっているため、省エネ法に基づく届け出書類を活用した申請が可能となっています。評価結果は、評価書として交付する他、申請者の希望に応じてシール又はプレートなどにより建物に表示することも可能となっております。

本制度は、評価結果を活用して企業が省エネルギーを通じた社会貢献へのアピールやテナントビルの営業ツールにしたり、住宅購入者に対しては住まい選びの目安になるなど、様々な場面での利用を想定した評価です。

最近では、不動産セクターに特化した環境配慮格付けシステム「GRESB」ツールにて、BELS取得が加点の評価項目となっており、注目されています。

1.1.2 対象建築物

大規模から小規模建築まであらゆる建築物(住宅、非住宅)で活用可能です。

建物全体だけでなく、フロア・テナント単位の評価が可能です。
評価対象となる設備機器が、フロア・テナント単位で分離して評価可能な場合に限定されます。

1.1.3 BELSの評価ランク

BELSの評価ランクは、BEI(Building Energy Index)の値から☆の数が決まります。 ☆1つから☆5つまでの5段階の評価です。 ただし、☆1つは既存建築物のみが対象で、新築の場合は、☆2つ以上になります。

標準入力法の場合、BEIの数値でランク付けします(以下計算式により数値算出)。
モデル建物法の場合、BEImの数値でランク付けします。

1.1.4 BELSの評価手法

BEIの評価手法は、下表のように3種類が定められています。このうち、通常計算法、主要室入力法、モデル建物法については、通常計算法>主要室入力法>モデル建物法の順で値の精度が高くなる半面、入力負荷が大きくなる傾向があります。
※国立研究開発法人建築研究所の計算プログラムにて算定

評価手法に応じた評価指標
用いる手法 適用範囲等 指標
通常計算法(標準入力法) 全ての建築物 一次エネルギー消費量およびBEI
主要室入力法※ 全ての建築物 一次エネルギー消費量及びBEI
モデル建物法※ 全ての建築物 BEIm

 

お見積りはもちろん、メリットの有無やアドバイスまで行っております。
お気軽にご相談ください!

ページの上部へ戻る