住宅省エネラベル戸建てEnergy Saving Label

当社では「住宅省エネラベル取得」の基準を満たすための計算業務及び仕様決定の為のアドバイスを行い、ラベル取得をサポートいたします。

※省エネ法改正により平成29年4月1日に廃止となります。

住宅省エネラベルについて

「住宅建築事業主の判断基準」及び「省エネ法第73条第1項に規定する判断の基準」への適合について、幅広く消費者への情報提供が図られるよう、「ラベル」を活用した表示に関し講ずべき措置に関する指針として、「住宅事業建築主が住宅の外壁、窓等を通しての熱の損失の防止及び住宅に設ける空気調和設備等に係るエネルギーの効率的利用のために特定住宅に必要とされる性能の表示に関し講ずべき措置に関する指針」(平成21年国土交通省告示第634号)が定められました。

*特定住宅 : 建売り一戸建て住宅(※注文住宅にも適用可能)
*空気調和設備等 : 暖冷房・給湯・換気・照明設備

「住宅省エネラベル」とは、これらの省エネ基準を満たす住宅に対して表示できるラベルのことです。消費者の皆様が住宅を購入する際に、このラベル表示を参考に省エネ性能の高い住宅を選ぶことが可能となります。

住宅省エネラベルの表示内容

  1. 総合的な省エネ性能
    住宅の外壁、窓等の断熱性能に加え、暖冷房設備や給湯設備等の建築設備の効率性についても総合的に評価、その結果を表示するものとし、「住宅事業建築主の判断の基準」に適合する旨を表示する。
  2. 外壁、窓等の断熱性能
    1. の総合的な省エネ性能に加え、外壁、窓等の断熱性能について、省エネ判断基準(平成11年基準)への適合状況を表示する。
  3. 評価方法
    1. 登録建築物調査期間の評価を受けた上で表示する場合(第三者評価)

    2. 建築主等が自ら性能を評価して表示する場合(自己評価)

詳しくはお問合せ下さい