低炭素建築物Low-carbon-building

当社では、「低炭素建築物新築等計画に係る技術的審査の適合証」の取得に関してサポートいたします。

  • 外皮性能(外皮平均熱貫流率UA値、平均日射熱取得率ηA値)の算出
  • 一次エネルギー消費量の算出

    ※ 外皮計算(UA値・ηA値)には、当社の計算ソフトウェア「A-repo(エイレポ)」を使用します。

申請サポート業務の流れ(PDF)

低炭素建築物の認定制度とは

都市の低炭素化の促進に関する法律(平成24年12月4日施工)に基づき、所管行政庁がおこなう低炭素建築物新築等計画の認定制度が開始されました。

低炭素建築物の認定基準

【省エネルギー性に関する基準】

・定量的評価項目(必須項目)
省エネ基準(平成25年10月改正後)に比して一次エネルギーの消費量が△10%以上となること。

【その他低炭素化に資する措置に関する基準】

・選択的評価項目
必須項目を満たしたうえで以下1~8項目のうち2項目を満たすこと。

  1. 節水に資する機器の設置
  2. 雨水、井戸水又は雑排水利用のための設備を設置
  3. HEMSの設置
  4. 太陽光等再生可能エネルギーを利用した発電設備及びそれと連携した定置型蓄電池の設置
  5. 一定のヒートアイランド対策
  6. 住宅の劣化の低減に資する措置
  7. 木造住宅
  8. 高炉セメント又はフライアッシュセメントを構造耐力上主要な部分に使用

    ※又は所管行政庁が認める低炭素化対策(CASBEEなど)

低炭素建築物認定を取得するメリット

  • 一般住宅に比べて税の特例が適用されます。
  • フラット35S(金利Aプラン)が利用できるようになります。

⇒ 詳しくはお問合せください