避難安全検証法とはAbout evacuation safety verification method

避難安全検証法とは、建築基準法の防火避難関連の性能規定化として、平成12年の建築基準法の改定に伴い導入されたものです。 避難安全検証法を適用して、建築の避難安全性能を有していることについて検証された場合、建築基準法の防火避難関連の一部の規定を緩和することができます。 でこれにより、設計の自由度の向上、建設工事費の削減、維持管理費の削減が可能となります。

防災計画書とはAbout disaster prevention plan

防災計画書とは、建物の計画が建築基準法の防災関連規定や消防法に適合するだけでなく、さまざまな見地から安全性に配慮し、統合的に安全性を有している建物であることを示す計画書です。 防災計画書の作成や評定は、地方自治体に一任されており、各自治体により作成方法や評定取得方法が異なります。

4つの特長Feature

実績と信頼性

  • 小規模物件から大規模物件まで、さまざまな用途において多数の実績

書類作成と審査対応

  • 自社開発システムによる正確で迅速な計算書作成
  • 事前相談から本申請、指摘対応、軽微変更までを一貫して支援
  • 過去物件のデータベースから評価対応を簡略化

コンサルティング

  • 避難安全検証の適用可否を的確にコンサルティング
  • 安全性の向上、計画の自由度、経済性への配慮に対し、さまざまな見地から提案
  • 防災評定・協議会への対応支援

さまざまなニーズに対応

  • 全国各地、建物規模にかかわらず、企画・設計・工事・運用、どの段階からでも対応
  • その他、防災計画書や防災関連事項に関するご相談
ビルオーナー様向けサイト
オンラインショップ