避難安全検証法のメリット③ ~事務所編~2017.04.27

排煙設備の規定の除外や防煙区画の規定の緩和で、コスト・計画共に効果が有ります。 また、防煙垂れ壁を削減することで、地震時の防煙垂れ壁落下の危険等も回避できます。 特別避難階段の附室の規定の除外による面積制限の除外や、高層区画の除外による 高層階のシャッター等の削減も有効です。 デメリットは、テナントの入れ替わりが多い場合等で、室用途・間仕切位置が変わると 計算結果が変わってしまうため、その都度再計算する手間が掛かることです。

ホームページでも詳細を解説しています。ぜひご参照ください。
◎防災技術部HP
→ http://www.izumi-bousai.jp/merit/