評価カテゴリーについてCategory

LEEDには7つの評価カテゴリー(5つの分野*と2つのボーナス分野)があります。評価カテゴリーは敷地の立地条件を評価するものや、水利用効率、エネルギー使用の最適化、材料の省資源化、あるいは室内における空気質環境を評価するなど、建物の環境負荷低減と利用者の健康の観点から多角的に建物の環境性能を評価できるよう大分類されています。

  • 1. Sustainable Sites(持続可能な敷地)
  • 2. Water Efficiency(水利用効率)
  • 3. Energy & Atmosphere(エネルギーと大気)
  • 4. Materials & Resources(材料と資源)
  • 5. Indoor Environmental Quality(室内環境品質)
  • Innovation in Design(設計における革新性)
  • Regional Priority(地域的な優先事項)

LEED v4について

2016年11月以降に新規登録するプロジェクトからLEED v4の評価システムが適用されます。このLEED v4では評価カテゴリーとして新たに「Integrative Process (総合的なプロセス)」と「Location & Transportation (立地と交通)」が加えられ、設計の早い段階からプロジェクトに関わる全ての者の参画を推奨したり、v3の「Sustainable Site」から立地条件に関係する評価項目が新たなカテゴリーとして切り離されました。また、建物用途毎(学校・商業施設・医療施設・データセンター・宿泊施設・物流施設・住宅系)に評価ツールが分けられ、使用状況や特性に合わせた評価システムを選択できるようになりました。

 

v4全館禁煙について

LEED v4 で懸案となっていた、全館禁煙の条項について、日本における例外が発表されました。(2015年10月)

最新のLEEDでは、全館禁煙が必須条項になっていました。
しかしながら、日本の文化的背景を鑑み、Alternative Compliance Path(例外)が作られました。


計画建物に喫煙室を設けることができる条件

  • 条令で喫煙所以外の屋外禁煙となっているエリアであること
  • 計画建物の周囲での禁煙
  • 計画建物の入口が、屋外の喫煙所から350mまたは徒歩5分以上であること
  • 計画建物の半径400メートルの開発密度が床面積8,035㎡/ha以上であること

また、喫煙室を設ける場合は

  • v3の喫煙室の条件を満たすこと
  • 入口にエアフローを設けること
  • 壁や家具が吸収性のある材料でないこと
  • 煙漏れセンサを取り付け、漏れた場合はアラームが作動すること
  • 気圧と風量が満たないときは喫煙室を閉鎖すること
  • 3カ月に1回は運転状況を確認すること
  • 喫煙室には、禁煙を促す動画などや教育的標識をおくこと
  • 娯楽設備を置かないこと
  • 喫煙室を改装して別用途で使う場合は、室内全ての材料(建材・家具)を新しく取り換えること
  • メンテナンスと掃除の間は喫煙室は閉鎖すること
  • メンテナンスと掃除を行う従業員は指定の仕様以上のマスクを着用すること

詳しくはリンク先へ
http://www.usgbc.org/node/8263351?view=language

例外が認められたものの、やはりバージョン3よりもかなり厳しくなっており、上記条件をクリアするのはなかなか難しくなっています。