評価システム(Rating System)についてAbout rating systems

LEEDでは評価対象となる建物の状況(新築か既存か)、認証対象(建築物全体、テナント所掌部、街区)、そして建物用途毎に評価システムが用意されています。認証を受けるときは、まずどの評価システムを使って評価するのかを適切に判断することが必要です。

主な評価システムの種類

  • LEED for New Construction(新築又は大規模な増改築)
  • LEED for Core & Shell(テナントビルのオーナー所掌範囲)
  • LEED for Commercial Interiors(テナント入居者専有部分)
  • LEED for Existing Buildings(既存建物の維持管理・運用段階)
  • LEED for Neighborhood Development (街区についての環境性能)