LEED認証の取組みOur Commitment to LEED certification

イズミシステム設計では、高崎オフィス社屋の環境性能を客観的な指標ではかるべく、改修に際してLEED-CI (v2009)の認証に自ら取組み、ゴールド認証を取得しました。日頃から省エネや環境関連の業務に携わる会社としてお客様にご提案をさせていただく立場である以上、自らが率先してグリーンビルディングの理念を実践し、その効果と重要性を積極的に社会へ発信してゆくことが、企業としての社会的責任であると考えます。

高崎オフィス社屋でチャレンジした主な取組みは下記の通りです。

※下記USGBCウェブサイトもご覧下さい。
http://www.usgbc.org/projects/izumi-system-planning-takasaki-office

主な取組み

  • 水使用量の削減
  • LED照明による消費電力削減
  • Energy Star 適合のPC機器の採用
  • FSC認証木材をインテリアの一部に利用
  • 既存材料や家具の再利用
  • 低VOCの塗料、接着剤、及びGreenguardに適合した家具の採用
  • 執務スペースの90%以上で眺望を確保
  • 社員への環境教育

尚、この認証取得に関する記事が会誌「建築設備士」に掲載されました。一般社団法人建築設備技術者協会の了解を得てpdfで記事を公開していますので、是非ご覧ください。

(一社)建築設備技術者協会 会誌「建築設備士」2015年5月号
建築物環境性能評価と省エネルギー性能 特集
〔2.認証取得・評価建物事例紹介〕
イズミシステム設計 高崎オフィス
小池康仁
pp.29-35