ビルオーナーの方へ防火排煙設備の改修をお考えのオーナー様

排煙窓・防煙垂壁の縮減対策・避難出口扉の縮減対策(避難安全検証法)

避難安全検証とは

一般的な建物は、建築基準法の「仕様規定」により排煙設備・避難設備が設置されております。しかしながら、西暦2000年の建築基準法改正により、この仕様規定ではなく、安全に避難できる性能を検証することにより、排煙設備や避難設備を比較的自由に選択できる「性能設計」の方法が法令化されました。
これにより、排煙窓を無くしたり、防煙垂壁を減らすことや、安全性を確認し、避難出口を減らすことで、部屋のレイアウトの自由化とともに工事の費用やメンテナンスの費用を削減できます。

当社のサービス

設計初期から竣工まで、また工事中や建物運用時、改修工事のどの段階でもご相談に応じます。建物の計画に一番適した検討を行い、どなたでも分かりやすい検討、計算書を作成致します。また、審査機関との打合せも行います。

お見積りはもちろん、メリットの有無やアドバイスまで行っております。
お気軽にご相談ください!

お見積もり・お問い合わせはこちら
ページの上部へ戻る