• 省エネルギー措置届出支援
  • CASBEE認証取得コンサルティング
  • 環境計画書届出支援
  • 設計住宅性能評価申請サポート
  • 防災計画書作成コンサルティング
  • 避難安全検証コンサルティング
  • ソフトウェア開発・販売
 
既存住宅状況調査報告書作成クラウド
システム【SPECSYS(スぺクシス)】
「長期優良住宅化リフォーム推進事業」、
「既存住宅売買瑕疵保険」の申請に対応!

⇒ 詳細はこちら

お知らせの一覧 News

シンポジウムでは、建築各分野の専門家の方々が、SDGs達成に向けて建築分野が取り組む意義や得られるメリット、バリアーについて議論を行いつつ、SDGsの目標年である2030年とその先の社会を展望します。...

最新の建築設備設計基準に対応した新バージョンがついにリリース!!国土交通省大臣官房官庁営繕部設備・環境課監修『建築設備設計基準 平成30年版』に準拠したソフトウェア「STABRO負荷計算平成30年版」...

日本ウレタン工業協会のホームページ上にて「吹付硬質ウレタンフォーム仕様書見直しのお願い」が記載されております。フロン発砲品のJIS A 9526のB種や、旧JISのB種1等を指定されている場合、A種1...

本講演会は、書籍「建築火災安全設計の考え方と基礎知識」にそってわかりやすく内容を説明して頂ける講習会となっています。「建築火災安全設計の考え方と基礎知識」は、火災安全として健全な状態を理解した上で建築...

平成29年4月より建築物省エネ法が完全施行され、2,000㎡以上の非住宅建築物を新築等しようとする建築主は、所管行政庁又は登録建築物エネルギー消費性能評価機関による建築物エネルギー消費性能適合性判定(...

2018年12月3日に行われた国土交通省の審議会において、非住宅中規模建築物を適合義務の追加対象とすることが決定されました。住宅用途の適合義務は見送りとなりますが、小規模住宅においては建築主に対する説...

国土交通省より2018年12月21日付で、消費税率10%への引上げに伴う住宅取得支援策として、「住宅ローン減税の拡充」や「次世代住宅ポイント制度の創設」等が盛り込まれ、消費税率引上げ後の住宅の購入等に...

弊社のSPECSYS(スペクシス)は「既存住宅状況調査報告書」を作成するための、スマホ&タブレット・WEB対応アプリケーションです。長期優良住宅化リフォーム推進事業では「インスペクションの実施」が必要...

弊社のSeACD(シークド)は空調・換気設計業務をシームレスにつなぎ一元化するソフトウェアです。今回のアップデートで日立アプライアンスが追加となり、実装済みの、ダイキン工業・三菱電機・Panasoni...