BELS評価書 取得サポートサービス

BELSとは

BELS(Building-Housing Energy-efficiency Labeling System)は、建築物省エネルギー性能表示制度の略称で、省エネルギー性能に特化した評価・表示制度です。建築物の一次エネルギー消費量に基づきBELS評価機関が5段階で評価し、省エネルギー性能・表示する制度となっています。

本制度は、新築・既存を問わず、省エネルギー性能を評価・表示する制度となっており、建築物省エネ法に準じた評価手法となっているため、省エネ法に基づく届け出書類を活用した申請が可能となっています。評価結果は、評価書として交付する他、申請者の希望に応じてシール又はプレートなどにより建物に表示することも可能となっております。

本制度は、評価結果を活用して企業が省エネルギーを通じた社会貢献へのアピールやテナントビルの営業ツールにしたり、住宅購入者に対しては住まい選びの目安になるなど、様々な場面での利用を想定した評価です。

 

日本ERI株式会社との業務提携について

弊社は、申請者さまへのサポート強化を図るべく、
日本ERI(第三者評価期間)とアライアンスを締結致しました。
詳細は以下PDFをご参照下さい。

BELS業務アライアンスに関するプレスリリース

対象建築物

大規模から小規模建築まであらゆる建築物(住宅、非住宅)で活用可能です。

評価手法によっては、フロア・テナント単位の評価は適用できないことがあります。 評価対象となる設備機器が、フロア・テナント単位で分離して評価可能な場合に限定されます。

BELSの評価ランク

評価 住宅 非住宅1※1 非住宅2※2
  ☆☆☆☆☆ 0.8 0.6 0.7
  ☆☆☆☆ 0.85 0.7 0.75
  ☆☆☆   誘導基準 0.9 0.8 0.8
  ☆☆  省エネ基準 1.0 1.0 1.0
  ☆  既存住宅・建築物のみ 1.1 1.1 1.1

※1 事務所・学校・工場等
※2 ホテル・病院・百貨店・飲食店・集会所等

BELSの評価ランクは、BEI(Building Energy Index)の値から☆の数が決まります。 ☆1つから☆5つまでの5段階の評価です。 ただし、☆1つは既存建築物のみが対象で、新築の場合は、☆2つ以上になります。

BELSの評価手法

評価手法に応じた評価指標
用いる手法 適用範囲等 指標
通常計算法(標準入力法) 全ての建築物 一次エネルギー消費量およびBEI
主要室入力法 全ての建築物 一次エネルギー消費量及びBEI
モデル建物法 全ての建築物 BEIm

BEIの評価手法は、上表のように3種類が定められています。このうち、通常計算法、主要室入力法、モデル建物法については、通常計算法>主要室入力法>モデル建物法の順で値の精度が高くなる半面、入力負荷が大きくなる傾向があります。

※独立行政法人建築研究所の計算プログラムにて算定

業務内容

BELS認証取得サポート
  • 弊社にご依頼いただいた物件に関しては、受託計算業務とは別途有償にて BELS の申請提出から第三者機関の指摘対応、申請書修正、評価書取得までの業務を全面的にサポートします。 (申請図書の修正についてはお客様でのご対応となります。)
  • 受託計算をご依頼いただいていない物件に関しては、当面の間は対応致しません。
  • 受託計算業務をご依頼いただいた物件で、お客様自身で BELS の申請を行った場合については、第三者機関への対応を行うことが出来ませんのでご了承ください。(ただし、計算に不整合があった場合には、修正対応致します。)

見積依頼・お申込み

省エネ措置届出書をご依頼いただく際に、同時にご連絡ください。合わせてお見積り致します。