省エネ基準関係(平成25年基準)住宅Amended standard as of 2013

外皮の基準+一次エネルギー消費量の基準 (一次エネルギー消費量を指標として建物全体の省エネ性能を評価)

計算区分

性能基準
  • 共同住宅の場合

    共同住宅(住宅部)

    外皮 UA値(外皮平均熱貫流率)
    ηA値(冷房期の平均日射熱取得率)
    外皮 一次エネルギー消費量
    冷暖房
    換気
    給湯
    照明

    ※仕様の異なる住戸は全て評価

    共同住宅(共用部)

    冷暖房 一次エネルギー消費量
    換気
    給湯
    照明
    昇降機

    ※各住戸の設計一次エネルギー消費量≦各住戸の基準一次エネルギー消費量
    かつ
    建築物全体の設計一次エネルギー消費量(※)≦建築物全体の基準一次エネルギー消費量
    [※建築物全体の設計一次エネルギー消費量=(各住戸の合計)+(共用部)]

仕様基準

採用するための適用条件は、以下によります

【外壁、窓等を通しての熱の損失の防止に関する基準】
・開口部比率の基準
・「部位の熱貫流率基準」、若しくは「断熱材の熱抵抗値基準」
・開口部率比率基準に応じて定められた「開口部の熱貫流率基準」、及び「窓の日射遮蔽仕様の基準」

【一次エネルギー消費量に関する基準】
・外皮面積率の基準
・暖房、冷房、全般換気、照明及び給湯の設備に関する基準

ただし、共同住宅における共用部は、性能基準に準ずる

詳細については以下のホームページをご覧ください