お知らせ

既存不動産の環境性能評価 Arcサポート

2021.02.25
建築省エネ

当社では、新築不動産の環境性能評価だけでなく、既存不動産の評価もサポートしております。
海外投資家の目線を意識した評価制度では米国の評価制度であるLEED®がございますが、
取得ハードルは高いのが現状です。当社では、段階的に環境性能の評価をご希望されるお客様向けに、
Arc Skoru Inc(米アークスコール社)のARC™の評価取得サポートも実施しております。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問合せ先:https://izumi-system.co.jp/contact/contact_form/

<ARCのメリット>
・LEED O+M*よりも簡易です。LEEDの必須項目(外気風量の実測やポリシー作成等)を
 満たさなくとも、一定の建物の性能を実証できます。
 * LEED O+M(Operations and Maintenance):既存建物の実績を評価するツール
・GRESB(グレスビー、グレスブ)*の報告に使用可能です。
 * 不動産セクターの会社・ファンド単位での環境・社会・ガバナンス(ESG)配慮を測り、
 投資先の選定や投資先との対話に用いるためのツール

<評価データ項目(評価に用いるデータ)>
・エネルギー使用量(電気・ガス支払い伝票)
・水道使用量(水道支払い伝票)
・廃棄物量・リサイクル量(廃棄物処理業者伝票)
・建物利用者の通勤によるGHG排出量(アンケート)
・建物の快適性(アンケート+空気質調査)

<当社の強み>
・自社の高崎オフィスで、LEED及びARCを利用した評価・認証取得を行っています。
・英語対応が可能です(米国の制度のため英語での情報入力が必要)。

お問合せ先:https://izumi-system.co.jp/contact/contact_form/

(ご参考)
 Arc Skoru Inc(米アークスコール社)ホームページ https://arcskoru.com/
 (Arc Skoru及びARCはGreen Business Certification Inc.(GBCI)の登録商標です。)

ページの上部へ戻る