サスティナブルな社会をめざしてTowards a sustainable society

近年における地球的規模の気候変動やエネルギー問題、オゾン層破壊や生態系の危機といった環境問題が深刻化するにつれて、省エネルギーや環境負荷低減といった環境配慮型建築物(グリーンビルディング)への関心がますます高まってきています。こうした状況を背景に、不動産マーケットにおいては企業による社会的責任への取組みとして環境付加価値への評価が高まっており、CASBEE®認証をはじめとする建物の環境性能ラベリング(グリーンビルディング認証)を行い、その性能を対外的にアピールするケースが増えてきています。そのなかでも今、国際的な環境不動産のベンチマークとしてLEED認証が注目を集めています。その要因には、LEED認証を取得することが国内だけにとどまらず海外に対しても環境に対する取組みをアピールでき、世界標準から見てどのくらいのレベルに達しているのかを客観的に判断することができることが挙げられます。

サスティナブルな社会をめざして――「人(People)」と「環境(Environment)」と「経済的メリット(Benefits)」の三者がバランス良く互恵関係を築く社会の実現、そして未来に向けて、人と自然と建物が地球に優しく共存する成熟したサスティナブル(持続可能)な社会を創出する、これがLEEDの理念です。21世紀の社会のあるべき姿をめざして、真摯な環境への取組みは地球的規模で取組まなければならない課題ではないでしょうか。

4つの特長Feature

実績と信頼性

  • 提出ドキュメントの作成や審査機関対応をトータルで支援

書類作成と審査対応

  • CASBEE®認証やBELS、補助金関連の業務といったグリーンビルディング全般に関わる包括的な支援

コンサルティング

  • 専門知識を有する資格者による認証取得に向けたコンサルティング

さまざまなニーズに対応

  • LEEDでは欠かせないASHRAE基準に準拠したエネルギー・シミュレーション計算への対応